• ホーム
  • 多くの美容本でも話題のジバンシー

多くの美容本でも話題のジバンシー

肌がきれいなので、満足する女性

フランスのファッションブランドである「ジバンシー」では、服飾・装飾品・香水のほかに化粧品も幅広く展開しており、それらと同様に世界中から支持されています。
ジバンシーのスキンケア商品は美容本でも数多く取り上げられており、日本でも愛用者がたくさんいます。その中でも「美容液(セラム)」は、ジバンシーが20年にわたって研究・開発してきたスキンケア商品です。
日々の忙しさや睡眠不足、ストレスなどの影響で、肌は知らず知らずのうちにダメージを受けています。すると、肌が本来持っている機能が弱まってしまい、乾燥やくすみなどが生じて老化現象が起き、肌が持つ輝きを失ってしまいます。
ジバンシーは、肌にいつまでも本来の輝き保つことができるよう、20年にも及ぶ研究を重ねてきました。その結果、古来からインドの伝統的医学である「アーユルヴェーダ」で用いられてきた、植物由来成分である「コミフォラSAP」に着目しました。この成分を美容液に配合することで、肌に付けたとき、角質の奥まですっと溶け込んで潤いが満ちあふれ、沸き上がるようにふっくらとした肌感覚を味わうことができます。
コミフォラSAPの他に、自ら発光するような輝きのある肌へと導いてくれる、独自の保湿成分である「スパークリングウォーターコンプレックス」をプラスさせることで、驚きの保湿パワーを兼ね備え、新世代の保湿ケア美容液が誕生したのです。
この美容液は、オイルのようでありながらも、化粧水のようなみずみずしさを与えてくれる画期的なウォータリーオイルで、肌がぐんぐん吸い込んでいくので、付け心地はベタつき感が全くなくたっぷりと潤いを保つことができます。また、馴染ませるほどに肌がふっくらとしてくるので、乾燥からくるたるみやくすみもしっかりカバーしてくれます。
こうした効果が口コミなどで広がり、人気となっているのです。

関連記事